Adsenseリンクユニット

2017年6月27日火曜日

【DIS】東京ディズニーランド開園時にチケットの代わりにウォルト・ディズニー株を買っていたら…



東京ディズニーランドと同い年の米国株投資家くうねるです。
この記事は女子高生(JK)にむけて書いています。

上げ相場こそ勉強しろ、ということで「ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと」を読んでます。

その中で、女子高生などの若者が株式投資に前向きになれそうなことが書いてあったので共有します。

ピーター・リンチの株の教科書―儲けるために学ぶべきこと
ピーター・リンチ ジョン・ロスチャイルド
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 230,942

本書は、1996年に出版された「ピーター・リンチのすばらしき株式投資」を改題し、新装版として出版されたものです。原書は、「LEARN TO EARN - a beginner's guide to the basics of investhin and business」です。

 チケット代を我慢すればディズニー帝国のオーナーになれる事実

ファーストフードのチェーン店、大手製造業、ブランド商品をつくっている会社などなど、誰でもオーナーになることができます。
しかもあなたが考えているほどの大金はいりません。事実、マジックキングダムの一回パスの代金に少し足せば、ディズニー帝国全体のオーナーになれます。

2017年6月26日月曜日

【AMZN】取次・宅配会社の「中抜き」するアマゾン、全てはお客様を大切にするため?

「地球上で最も豊富な品揃え」そして、「地球上で最もお客様を大切にできる企業であること」という企業理念を持つ会社はどこでしょう? Amazonです。 Amazonを利用したことあるユーザーならその便利さに同社のサービスを手放せなっていると思います。 ホール...

2017年6月25日日曜日

ブロガーが身銭を切ってウェルスナビを宣伝するのはアフィリエイトの報酬単価が高いから

消耗君、バフェット◯郎などのブロガーが、実際に身銭を切って信託報酬がバカ高い ウェルスナビ に投資をしているのを最近目にします。 彼らはウェルスナビが優れたサービスだから紹介しているのではありません、 アフィリエイトの報酬単価が高いから オススメしているのです。 ...

2017年6月24日土曜日

村上世彰「生涯投資家」が今ならAmazonで50%ポイント還元

村上世彰「生涯投資家」が2017/06/24 23:20現在、
Amazonにてポイント50%還元セール中です。

生涯投資家 (文春e-book)
生涯投資家 (文春e-book)
posted with amazlet at 17.06.24
文藝春秋 (2017-06-21)
売り上げランキング: 1

早速ポチって途中まで読みました。
本書は、個別株式へ投資する者なら読むべき本だと思いました。

2006年の「ニッポン放送株式のインサイダー取引容疑」の時は、投資も知らない学生
だったため、金の亡者が捕まったぐらいにしか考えておらず、村上氏のことをただの
犯罪者だと思っていました。そのため、掘り下げて調べることもしていませんでした。

投資家となった今、本書を読んでみると村上氏は信念のある投資家であり、日本の古き慣習に風穴を開けてくれるはずのヒーローだったように感じます。堕ちてしまいましたが。

インサイダー、相場操縦の真実は私にはわかりませんが、米国では当然のように染み渡っているコーポレート・ガバナンスが大切である・株主価値の向上という信念は賛同します。

2017年6月23日金曜日

6月26日で連載終了をむかえる「毎日かあさん」の作者は脱税した税金を値切った猛者


肩肘張って子育てを頑張りすぎてたママさん達に、「子育てって、いい加減で良いんだ」
と希望を与えたマンガ毎日かあさんが6月26日に連載終了をむかえます。

毎日かあさん:16年の連載に幕 西原理恵子"卒母"で連載終了を決意 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

私は子育てをしたこと無いけど、うちの母親もけっこういい加減なもんでした。手を引っ張りすぎて脱臼させたり、頭をぶつけて頭蓋骨凹ませたり、賞味期限切れのものを与えたり… 虐待はNGだけど、愛のあるいい加減は問題ないと思います。
子どもはたくましいもので、スクスクと育ちます。

さて、本題ですが、毎日かあさんの作者西原理恵子氏は、脱税(節税ではない)したことがあります。
さらに、その税金を値切ったことのある猛者です。

できるかなV3 (角川文庫)
できるかなV3 (角川文庫)
posted with amazlet at 17.06.22
KADOKAWA / 角川書店 (2013-11-08)
売り上げランキング: 19,129

2017年6月16日金曜日

日本人だけど、為替リスクを気にせず米国集中投資をしている理由


菟道りんたろう(@udohrintaro)さんが興味深い記事を書いていらっしゃいました。

日本人と米国人では米国集中投資の意味がまったく異なる

ボーグル氏の言うようにアメリカが優れた投資先であることは疑いようがないが、日本人のように非基軸通貨で生活している国の人間は、米ドルという1つの外貨へ集中投資になってしまうため、為替リスクを真っ向に受けることになるのでよく考えるべきだと。

私は、現在有している金融資産が90%以上ドルです。
記事を読んで「私ひょっとして、為替リスク背負いすぎ?」という不安がよぎったので
書き出して考えを整理したいと思います。

私が考えている外貨を持つことのメリットは4つあります。

1,長期株式投資のリターンは為替変動による減価を凌駕する
2,通貨分散(給与、年金、生命保険、全てが円建て)
3,将来きっとドルで決済できるようになるから通貨価値が高い方で払えば良いのでは
4,日本を離れて海外生活もあり得るかもしれない

2017年6月13日火曜日

ブレブレの投資方針の見直し(2017年版)



チャールズ・エリスは「敗者のゲーム」で全ての投資家にとって、投資で成功することは難しいことではないと述べています。私達がやるべきことは、次の2つです。

1,Mr.マーケットの仲間たち、証券会社や、投資信託から送られてくる膨大な宣伝広告、ファンドの運用成績、史上見通しの類を一切無視することだ。

2,投資家自身の最大の目標を達成するうえで、長期的に最も可能性の高い運用基本方針を 策定することだ。

成功するかどうかは、他人との比較ではなく「自分との戦いだ」と書いています。

したがって、私は、2016年2月に殴り書きで作成した投資方針を見直しました。自分に甘いので…
しっかりしたものを作ろうと思いながらおざなりになっていました。10年に一度見直したほうがいいとアドバイスされていますが、私はそもそ完成までに至っていなかった。