Adsenseリンクユニット

2017年3月5日日曜日

確定申告を終えました!来年にむけて反省点を記す

 平成28年分の確定申告を終えました。
あとは、何事もないことを祈るだけ。少額納税者の小市民投資家なので大丈夫だとは思いますが。

反省点

初めての確定申告で出てきた反省点を来年にむけて記しておきます。人間は忘れる生き物、自分の場合は特に…なので。至らぬ点が大いにあり、想定以上に苦戦しました。申告書の作成はe-Taxの流れに沿って入力していくだけなので簡単でした。

 来年はサクッと終わらせたい!税理士さんに頼んでも2万円ぐらいというお話もチラッと聞いたのでそれも検討します(笑)

 それでは、反省点を上げていきます。全部で3つあります。

1,パスワードが何種類もあるから注意しろ!

a, 電子証明書のパスワード(アルファベット又は数字4文字以上16文字以内)

b, 住民基本台帳カード(ICカード)自体に設定したパスワード(4桁の数字)

c, 利用者識別番号の暗証番号(アルファベット又は数字8文字以上50文字以内)

住基カード、電子申告に関するパスワードは3つもあります。愚かな私は、これを混同してしまったのです。

5回ミスっても大丈夫って書いてあったから、1つ決め打ちで入力して見た。
しかし!! 1回ミスっただけで「ロックされました」というエラーメッセージ…
ゲームオーバー、こんなのあんまりだよ。騙された。

 ロック解除には市町村役所に行かなければならないようなので、今年は諦めて書面で提出しました。来年はマイナンバーカードを取得してチャレンジしてみようと思う。

2,自作した帳簿の項目が足りてなかった

一般口座で受けた配当金は源泉徴収されていないので、確定申告時に納付する所得税・住民税を把握しておこうとエクセルにはチマチマ入力していたのですが、税金を20.315%で一括りにしてしまっていた為に再集計が必要になりました。

足りなかった項目
・源泉徴収税額(所得税および復興特別所得税)
・未納付の源泉徴収税額
・配当割額控除額(住民税)
・銘柄ごとのトータル額

 申告自体は、「配当集計フォーム」というエクセルに入力して確定申告ウェブページに吸い込めたので楽でした。
配当集計フォームは下記のページからダウンロードできます。

3,平日は作業ができないので時間のゆとりを

初めての確定申告で色々調べながら手探りでやったので時間がかかりました。毎月こまめに集計して確定申告に備えていたつもりだったのですけど…
先に確定申告書に目を通し、完成形を見ておくべきでしたね。

結局、休日を丸2日潰しました(笑)

 集計エクセルを大幅にアップデートしたので、来年は楽になるはず!丸1年経って記憶が薄れる前に早くやりたいです…


心配してた外国税額控除は意外と楽だった

計算式がやたらややこしいので、苦戦するだろうと懸念していた外国税額控除ですが
下記のサイトを参考にして行ったら簡単でした。テリーさんありがとう!!

 外国所得の額が少ないので還付されるのは7,000円弱でした。20,000円ぐらいいくと思ってたのに。7,000円を配当で得るためには利回り3%としても230,000ぐらいの投資が必要なので、ちょっとの手間で取り戻せる外国税額控除の費用対効果は高いと思います。申告分離課税で国民健康保険料が上がってしまうデメリットのないサラリーマンであれば。
 

May the Dividends be with you.

スポンサードリンク




↓ランキングに1票(クリック)をよろしくお願いします。励みになります。↓
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

0 件のコメント: