Adsenseリンクユニット

2017年1月7日土曜日

簡単なチェックで粉飾決算見破りチャレンジ - 東芝のケース

売上過大計上等で「不適切会計」とされていた東芝ですが、ついに紙面に「粉飾」の言葉も出てきました。四半期末にチャレンジをかけて、最後に売上高が伸びる「ホッケー・スティック」ということをやっていたようです。

今回は、この日本の元大手電機メーカーのしくじり先生に学ばさせていただこうと思います。

テーマは、ショボい私のようなゴミ投資家でも簡単なチェックで東芝の粉飾決算を見破れるか。

私は、ファイナンスもアカウンティングも本でちょろっと呼んだ程度のスペックです。ダンダムで言うとザクです、量産型です。

使う技法は、広瀬隆氏のMarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 に書かれていた内容を使います。

営業キャッシュフロー>純利益
Cash Flow From Operating Activities > Net Income
営業キャッシュフローは、その年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。もしそうでない場合は、粉飾リスクあり。
逆転している会社は、無理やり利益を計上しているリスクがあるとのことです。
営業キャッシュフローは、純利益や1株あたり純利益(EPS)より会計的にごまかしにくい。

2017年1月2日月曜日

ベンジャミン・フランクリンの十三徳を知り、2017年の抱負を準備

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうそよろしくお願いします。

正月ぐらいは投資のことを考えるのをやめようと思っていたのですが、どうしても考えてしまいます。趣味なんでしょうね。
と言っても考えていたのは小難しいことじゃなく、ちょっと前から気になっていた疑問を調べてみたら新しい知識を得られたので残しておきます。座右の銘にもできそうです。

フランクリンリソーシーズのティッカーシンボルはなぜ「BEN」なのか?